はじめての3Dプリンタ

セッションの内容

タイトル はじめての3Dプリンタ
概要

ファブラボって何?初めて3Dプリンターを見る!3Dデータってどう作るの?という方でも楽しく過ごしてもらえるハンズオンです。
実際に参加いただいたみなさんには、それぞれオリジナルのドッグタグを製作していただきます。

詳細

ファブラボとは一体どんなところなのか?何を目的としているのか?といった概要や、ファブラボ大分で取り組んでいること、またデジタル工作機械について紹介します。
また、参加いただいたみなさんには、3Dプリンターで出力するためのデータの作成、実際に出力するところまでを実施していただきます。
なお、今回はAutodesk社が配布している123D Designというモデリングツールを使用します。
http://www.123dapp.com/design

なお、サンプルで制作したドッグタグ(40×25×5mm)の出力時間がおよそ30分です。当日は、セッション終了後も会場で出力を続けますが、参加人数によっては、後日のお渡しになる可能性があることを予めご了承ください。

11069175_872189272837887_1266455778_n

準備物 ・ノートパソコン
・ポケットWiFi等ネットに接続できるもの
・電源タップ
その他

スピーカーのプロフィール

氏名 豊住 大輔 (とよずみ だいすけ)
所属
ファブラボ大分/(公財)ハイパーネットワーク社会研究所
役職:ファブラボ大分マスター
URL:http://www.faboita.org
参加コミュニティ FabLab Japan Network
SNSアカウント Facebookアカウント:dddicek
自己紹介・メッセージ

平成26年4月よりファブラボ大分のマスター。
面白くて、楽しいモノを作るのは大前提、周囲の人たちも巻き込んで、
ファブラボ大分を楽しく・新しい空間にするべく活動。
「つくってください」から「とりあえず自分でつくってみました」となる人が増えたらいいなと思いながら、日々努力中。

Webサイト
© 2015 大分IT勉強会応援コミュニティFUNIT